ダイラボウ スロープソアリング

06.04.29


真剣な表情で操縦する蔵さん、おそらく仕事でも見せたことは無いでしょう。


山梨から参加の時田さん、後方右はおなじみの杉浦君と、左は師匠の海野さん。


回収はこんな感じ、倒した木や、切り株に注意しておろします。


杉浦君のミニエリプス、もう結構長いこと飛んでます。(年数)


ほとんど無風、渋いコンディションでした。


吉野さんのレーンシュペルペル、最近はすっかり古典グライダーに夢中のようです。


なにやら海野さんが怪しいものを持ってきました。


双胴のライトニング(だったかな)、の発航。


どうにか飛んでますが、さすがに滑空はしなかった。


奥田さんのピラタスB-4、番長の手投げで発航します。
皆さんに見られて少々緊張気味の奥田さん。


最近、ピラタスがお気に入りの奥田さん。
最近、顔がちょっと怖い番長。


良い感じで飛んでます、これを見て欲しくなった方、まだ少年科学社に一機あったよ。


風がほとんどないので、なにやらハンドランチが飛び始めました。
フルブレーキングで進入する、中村さんの機体(野々下さんより譲ってもらったSAL機)


時田さんも、明日のクラフトるうむカップに向けてSALの練習。


渋いコンディションでも、ハンドランチはちょっとしたサーマルを見つけて上昇していきます。


少年のような風貌の吉野さん、少年のようにグライダーを楽しんでいる中村さん。(ほぼ同年代)


やっぱり、3、2、1、ハイは楽しい。


機体を持ってこなくても楽しめるのが良いところのSFC、
グライダーの操縦は久しぶりの高橋さん、見守っている山田さん。


みんなで記念写真を撮りました。


時田さんから送ってもらった、パノラマ写真。