プレイリーレース

2003年度・第一戦


始まりました、03年度プレイリーレース!!
今回はなんと参加者42名と、ローカル大会の中では最大規模の大会となりました。
仲良しの山梨メンバーと、朝霧フライングクラブさんからの参加もあり、5クラブのメンバーが
入り乱れてパイロンを攻めまくる、とっても楽しい1日でした。


前日の雨でたまった水溜りを懸命に吸い取っている腰高会長。
とってもたよりになる国際救助隊でもある。


会計の杉山さんと、歩くジャッジペーパー(意味不明??)石上さん。


景品提供
ムサシノ模型飛行機研究所様
ホクセイモデル様
ありがとうございました。


今回初参加の朝霧フライングクラブの皆さん、
チームワーク抜群でレースを楽しんでいらっしゃいました。


FAF佐野さん、安定性抜群のフライト
あの高さで10周廻っちゃう、ほとんど乱れないフライトぶりはさすが。


レースはこんな感じで行われています、
和やかな雰囲気ながら皆さん真剣です、たかがプレイリーと言う無かれ。


ターンのあとのダウンの舵が勝負の分かれ目!!
ふわっと上げちゃったら おいて行かれる、番長殿がダウンだ〜!!と叫ぶ瞬間。


カメラに収まっていた逸品、ギヤダウンユニットかと思ったら
スターターのようです。


必死でジャッジ中の私、
鶴田浩二さんじゃあないよ、、、、、、古る〜(~_~;)


佐藤さんにお手伝いして頂いてレース参加、
やっぱし自分も出なけりゃァ、面白くないです。


いかにパイロンをギリギリで廻るか、
しかしうっかりするとカットとなる、ジャッジの目が恐い!!


空中衝突で大破した加藤隼戦闘隊、隊長機。
残念ながら戦線離脱を余儀なくされた。


とっても低いところを廻っている、DAFFY村松さんの機体。


なんとエンジンはOS10FSR搭載、マフラーもビンテージモノ。
(BY DAFFY村松)


参考にとEプレイリーで参戦したBIGBAN杉浦氏、
トップでフライトするも、狙いすぎて痛恨の2カット。
パワーユニットは、ムサシノAモータ・8X4ペラ・7セル1000ミリとノーマル仕様。
しかし十分なポテンシャルを披露し、今後はEプレイリーでの参加も認可された、
当分レギュレーションによる規定は無く、意外と優勝を狙えるかもしれない??
(でもブラシレスモーターとかはダメよん。)


手に汗握る、白熱したレースが続く!!
しかしどちらも決して引かないなァ。


スカイヤーズの意地をかけて、林さんのファイトあふれるフライト、しかし長老、本間さんも負けてない、
しかし何回見ても西尾さんのジャンバーは30年以上昔から見ているし、
本間さんは僕が中学校時代からおじいさんだった?気がする、、、、、(失礼)。


なにやら前のほうではすごい事になってる!!
後を追っているのは、ボクのなんのこっちゃ号。


この状態が10周続くのは結構しんどい、
機体速度はほとんど同じだから、先に気を抜いたほうが脱落する。


DAFFY村松さんの機体を手投げする時田さん、(山梨チーム)
今回はレースにフル出場、エンジンにもう少しパワーがあったら
いいとこ行ったかも??


SFC飛行場はこんな所です。


松下さんに声援を送るSFCメンバー、この大会はチーム対抗
といった雰囲気で進行する、おのずと仲間意識が芽生える。
(恋が芽生えたら、チョット恐い (~_~;) )


ローン原、改めスヴェンソン原さんのお葬式プレイリー、
夜な夜な繁華街を徘徊するシャコタンやろ〜のような怪しげな雰囲気、、、、こわっ!!


あれっ、なんか取れてる??
しか〜し、レースはまだまだ続くのであった。


まあたまにはこんなこともアリマス、です。
操縦者は、向こう側でさっそうと歩いているお方です。


こっ、これってほんとにプレイリーなの〜、、、驚!!


同上のシーン。


エドワード長沢さんの、勝たせてチョ−ダイ号、
レース専用機だという事が一目でわかる。


パイロン目指して旋回体勢に入る各機、


いかにロスの無いコースを取るかが勝負。


昼休みに佐野さんがアトラクションでGEEBEEのフライトを披露してくれました。
みごとなフライトに、拍手が沸き起こりました。


スカイヤーズ川田さん、だいぶ日が西に傾いてきましたが
まだまだレースは続きます。


静岡スカイヤーズ、本間さんと西尾さん、30うん年前から見た2ショット
ホントはもっと昔からの2ショットかもしれません。


ジャッジ中の石上さんのショット、しかしおっさんてチェック柄が好きなのね。


優勝したFAF佐野さん(中央)、同点2位のSRC村松さんと、おなじくSRC井上さん。
しかしSFCのメンバーはどうなっちゃったの??


PRIMUS FUN をゲットしたDAFFY村松さん。
山梨から出てきたかいがありましたね。

今回は村松さんや杉浦君にいい写真を撮ってもらいました、
おまけに僕も登場できてとてもうれしかった、どうもありがとう。

戻る