プレイリーレース

2002年度・第三戦

2002年10月13日

SFC秋の恒例プレイリーレース、好天に恵まれ30名での開催となりました、
今回は、空中衝突、ポール激突含め13機クラッシュといった波乱の大会となりました。
しかし速い人はやっぱり速い、世界新記録1分45秒といったタイムをたたき出した
BIGBAN杉浦氏は仕事がありレース途中カブで出勤!!、それじゃあ今大会を制したのは誰だ!!

結果はここ


参加者の皆さん


競技内容説明、ミスタージャッジ石上さん


競技開始、スタートの様子(そういえば今日は仏滅だ〜!!)


昨年度年間チャンプ、小川さん(右)
真剣な表情でレースに臨む!!
ひさしの上のおでこは昨年より少し上がったようです。(失礼)



手前、SFC名人荒波さん
真ん中,ポール長沢改め、エドワード長沢(フランス人)何のことじゃ〜??
むこうは、おなじみ加藤隼戦闘隊。


この人なしにプレイレースは語れない。
毎回元気な長沢さん。


この頃からぼちぼち墜落機が!
(奥川機、空中衝突により墜落、しかし本当の勝負はこれからなのだ。)


パイロンポールに激突、みじめな姿をさらしている
石上さん操縦の機体、実は借り物!!(昨日豹プレイリーを無くしている)
この後また、借りた機体をクラッシュするとは誰が想像できるだろうか??
さて合計何機つぶしたか?...次回からブロ〜クン石上と改名。


レースに臨む、杉山さん



山梨から参加の村松さんと、時田さん
このあとレースの厳しさを体験する、
プレイリーレースとはいえ、ストックカーレース、インディ500のような厳しさ!?
新規参入者には完走さえ許さないのだ??....ホンマかいな??
レースではまず、きちんと10周回って何ぼ、デス!!


レースのベテラン、バカヤロ〜村松さん
余裕の笑顔、何と助手は長沢さんが努めている。
しかし毎回機体が違うぞ〜!!


村松対決


何とレース半ばでクラッシュ!!回収に向かう。
しかしお互い笑顔だ、どちらも最短コースをねらい思いっきり突っ張っての結果。
あとはお互いの健闘をたたえあうのみだ。


手前は漆畑さん、さすがにレース中に笑顔はない、
真ん中は今大会世界新記録(ほかにやってないだろう)
BIGBAN杉浦氏、むこうは佐藤Gさん、何と1分台をたたき出す!!


カゲキ福島健在!!
カゲキにクラッシュした。
むこうはとても不吉な、お葬式プレイリー原さん。


誰んの??

大会結果


なんと5レースもやった今大会、優勝は小川さん(FAF)でした。


同点2位の面々
SFCからは僕(奥川)が、あとは全部SRCのメンバー
原さんは何と10LAをゲット。


大会終了後、皆で3,2,1、ハイ!!
村松さんは自作SALだ。

戻る