SFC恒例 秋のプレイリーパイロンレース大会
2001年10月14日

レース結果


SRCポール長沢氏(記録保持者)
今回はどうしてポールと呼ばれているか探ってみた

ともかく低い
どうしてそこまで低く飛ばすのか??

ジャッジもそろそろカーゴを準備しなくては!!

十週ほとんどこの高さ
その後、ポールに激突し、さっそうと?引き揚げていくのだった。

皆に愛されている、長沢さん、元気でがんばってください。



低く飛ばすといえばこの人、長沢さんの前回出した
記録にチャレンジ、
泣く子も黙る、ビッグバン杉浦氏

助手は、SRC大原氏

おなじみの牛柄、

やっぱり低いなあ〜


秋の好天の1日、みんなで、機体を持ち寄って楽しむ。
素晴らしい趣味を持った幸せを実感した。


突然の指名で、挨拶する市川副会長


SRC杉山さんのピット

こちらは、SFCの杉山さん

杉山さんと談笑する腰高さん

実はさっきまでせっせと、なにやら
エポキシを機体に塗りたくっていた、
足回りが怪しい!!

カゲキ福島さんの離陸、
この人も負けずに低いのだった、
゛こんなのちんたら飛ばしたって面白かあねえよ!!゛
とおっしゃってました、誤解されると困りますが、
今日はレースをしているからです。


本部席、パイロンジャッジからのカットの報告は、
トランシーバーで連絡が入ります、チェックをしているのは、
SFC小幡さん


ミスタールールブック、石上さん
誰がなんと言おうが、俺がルールブックなんだと言い張り、
5レースきっちり仕切るレース運びはさすが、


ボクのなんのこっちゃ号、ポールにぶつかり
足が取れた、ポールの内側を回った何よりの証拠
満身創痍でがんばる愛機に感謝!!
ホントは違反ですが、ルールブック氏の温情で参戦

手前、SRCレッドゾーン村松さん、
最近は、バカヤロ〜進行でおなじみ
向こうは、SFC副会長ジュエリー市川さん


出番を待つ機体たち、プレイリーといえど、9月23日に続く連戦で、
すっかり機体はレーサーの風格が漂う!!

レース結果


優勝したのは、ビッグバン杉浦氏(左)
タイムは、1分48秒で、長沢さんと並んだ
2位はFAF佐野氏(右)
当分彼らの優位は続きそう、誰かたたきのめしてくれ〜!!


可愛いお客さんもありました。

戻る