スケール機の

アッと驚く簡単塗装法

 

例題機は、SFC石上さんの彩雲?です。

 

塗装のための資料として渡された本の中の一ページ

この絵と同じ仕様で塗ってくれという依頼。

第一印象は、「地味な機体だな〜」でした。

模型飛行機として見栄えがするんだろうか?

 

主に使う塗料は、THCウレタンで、

原色3色・白黒・クリヤーだけです。

これだけあれば、どんな色でも混ぜて作ることができます。

 

その他にシンナー、汚し塗装用にラッカー塗料、

タバコライオン(艶消し剤に使用・炭酸カルシウムでも可)などが必要になります。

 


で、今回ワタシのお仕事は塗装だけなので

グレーのオラカバ・フィルムを貼った状態まで

オーナーに仕上げて持って来てもらいました。

カウルは既に黒で貼ってあるし、

窓はマスキングが済んでいるしで

本当に塗るだけになっています。

 

キャノピー内には、日本兵が3人乗っているようですが、この状態では、よく見えません。

 

ちなみに、この機体はテトラバレリーナから原型をとどめないほどの大改造!

遠目に見れば彩雲に見えなくもない?という程度で超・リアルではありませんが、

セミスケールは、こんな感じの機体の方が楽しめるのではないでしょうか?

ラジコン飛行機というのは良く飛ぶからこそ価値があると思います。

ということで、シンナーで拭き、しっかりと脱脂します。

特にペーパーはかけずに塗ってしまいますが、

マスキングテープを貼って剥がすくらいならべつに剥がれたりしません。

長期にわたって飛行してあちこち剥がれてきたとしても、

それは飛ばしこんで、年季が入ってきて、味が出てきたといい方に解釈します。

 

 

手始めに、明るめの緑を吹いてみました。(THCウレタン)

明るめにする理由は、後の汚し塗装で濃い緑を、

あちこちに吹くので

全体として明度が暗くなると予想されるからです。

裏側はフィルム色のグレーを大胆にも、そのまま使います。

実機の裏側は、無塗装でアルミ地らしいのですが

細かいことを気にしてはいけません!

らしく見えればいいんです。

 

模型飛行機としては、このまま日の丸をいれるだけで実用上は支障無いのですが、

ここからが、エアブラシ塗装の面白躍起!

例によってクドイ汚しをやります。

 

実物と違い、あまりにもクドイ!という意見もありますが

宝塚女優のメイクと同じで、近くで見ると非常にクドイが

実際に飛んでいるのを見ると、クドくてわざとらしい塗装

上空ではいい雰囲気なのが理解できるとおもいます。

 

まずは裏面からいきます。

最初に鉛筆で薄くパネルラインを書きます。

この線は、吹き付けのための目安なので

位置が確認できればホントに薄くてOK

(薄すぎて、デジカメでは撮影不可能?)

 

このラインに沿って濃いグレーを軽く吹くのですが

一応、簡単にマスキングします。

テープではなく30センチ位のボール紙を置くだけで、

それを移動させていき

ラインの基本的に後側、外側に薄く吹きます。

 

塗料は、ラッカーを使えば塗り過ぎなどの失敗をしても

シンナーで拭取れば下地のウレタンに影響なく拭取れます。

最後にウレタン艶消しクリヤーを吹くので

部分塗装はラッカーで充分です。

 

さらに塗り過ぎを防止するためにクリヤーを混ぜて

塗料は濃くても色は薄い状態にすると楽です。

見よ!

このクドくてワザトラシイリアルな仕上がり!

この調子で上面の緑色もいきます。

 

ページ2へ続く。急げ!

HPトップへ