クラフトるうむHL−1DL(ドラゴンレディ)の製作

最新状況は上になっています、正しい製作方法はクラフトるうむまでお問い合わせください。

今度はDL-Xだ。 03.8.17


2003.2.18 今度は僕のDLが完成、どうやら200gを切れたようです。



2002.12.22

ドラゴンレディ最新作完成(石上さんからの委託製作です)


メカ積み前重量、主翼95g、胴体50g、合計145g。
前作より主翼20gの軽量化は、hondaさんのアドバイスによる
ところが大きい。


主翼斜めのカーボンロービング補強は、剛性アップを狙ったもの、
スパーの補強にはまだ若干の軽量化の余地が?!


小さめに作ったエアログリップ、石上さんの手に合ってくれるだろうか?ちょっと心配。


エアログリップ下側、カーボンロッドで補強した。


尾翼回り、水平尾翼の3列の穴あけは僕にはちょっと無理、
そこで少し穴を大きくした、尾翼の軽量化はバランスウエイトの軽減
と合わせると3倍の効果、気の抜けない所。


尾翼回り下から見たところ。


テールパイプ取り付け状況、今回は尾翼接着後取付した。
本日2002.12.22、石上さんに引渡し!
しかし、嫁入り前の娘を皆さんにご披露してしまって良かったのかな?
石上さん許してね。



2002.12.6

完成後、hondaさんからのアドバイス。

尾翼の接着は、テールパイプに接着してから胴体に接着するほうがいい。

主翼プランクの接着剤にSH-20を使用する場合、40〜45mmピッチで接着する
また前縁側は線で接着し、後縁側は点付け。

フィルムを張る時は、重ね部分にマスキングして張るとやり直しがきく、
(一発で決められる人には必要ないかも)

現在、アドバイスに従ってDL製作中、完成したら発表します。
目標、200g以下!!


第10回るうむカップ静岡選手団、裏情報!!
(MLより)

2002.10.26


完成したドラゴンレディ
全備重量は目標を上回り235g(ウエイト10g含む)になってしまった。
まあ、説明書には200〜240gと書いてあるから良しとしよう、
重心は前縁から75mmにした、まずは明日(10/27)のテストフライトだ。

2002.10.25

フィルム貼り完了、尾翼の接着。
あとはメカ積みで完成、27日の初飛行めざして頑張ろう。

2002.10.22

翼端にグリップを付け、マイクログラスで補強
あれ!!、、、、、ここで翼端の形状に違いに気が付く!!
なんとなくDLの雰囲気が無いなあ??と思っていたのに、、、
まあ気にせずこのまま行く事に決めて製作を進めよう。
この状態で90g、グリップの反対側のウエイトが7〜8gくらい必要のよう
まあちょっとは少なめにごまかして5gくらいでいいにしようと思う。


テールブームの接着、垂直尾翼の切り込みの角度に気をつけなければ。

2002.10.20

どうにか各部分が生地完成
主翼部分を計ってみたら85gだった〜!!
主翼で100g以下が目標なのに、ちょっと難しいかな??

一番製作が楽しい頃ですが、実は主翼接合がとても苦手なのであります。
気を抜かないでいこう!!


今回の課題は接合部分の翼型の正確さ、
ネガシェルを敷いて無理な力をかけないように気を使ってみたが
結果はどうだろう??
接着は木工ボンド、木工ボンドってけっこう高性能なのね!!

今回は引っ張りがかかると思うので接着面によ〜く擦り込んでみた、
昔大工さんに、“小口ボンドつけるときはこうやってよ〜くおまじないのように
擦り込むんだ!!”といって教えてもらったのを思い出した(笑)。

2002.10.19

プレスから外した所、とても楽しい瞬間。


ここで両端を切って寸法をそろえておく、カーボンロービングの出たところは
ちょっと切るのが大変、僕はニッパーでパチン!とやってしまう。
カーボンロービングを入れたところはどうしても少しふくらむので、
今のうちにさっとペーパーをかけて平らにする。


前縁材、後縁材の接着。
後縁材の接着は波を打たないように注意、あとでペーパーで削り落とすからいいや、
と思って接着すると、とってもペーパー掛けが大変になってしまう、実はちょっと失敗してしまう。
現在サンディング中、、、、、ヘーックショイ!!

2002.10.16

さぁ、カーボンロッド、ロービング、グラステープを切り出しこれからプランクです。
主翼中央部分の圧縮による座屈に対しては下面にカーボンロッドを、
一応上面にはロービングで補強する事にした。


翼端部分のプランク、SH-20は約3センチピッチで接着
使用量についてはちょっと不安、どうしてもだんだん増えてしまいます。
カンザシ部分のグラステープは足りないと思って買って来たら半分で使うように
書いてあった、やっぱり説明書はよく見ないとダメだなあ!!
カーボンロービングはどうしてもねじれてしまう、どうしたら上手くいくのかな??


中央翼部分は少々カーボンを追加してみた、
しかし、DLの主翼にどのような力が入るのだろう??
まったく無駄かも知れない。


まあ、とりあえずプレス。
実はこの上にまだまだいろいろ載っているのだ!!

目標重量200gめざして頑張ろう。

2002.10.14


カーボンロッドで補強したカンザシ、接着は低粘度瞬間
1mmベニヤに貼り付け、カーボンロッドの厚み分はバルサを張った。
PE糸を巻いたのは、はがれと面外座屈防止(必要だったか疑問??)
原寸図は仕事で使ってるCAD(Ophelia4)で書いた。


尾翼の接着完了、水平尾翼は設計図以外に
1mmカーボンロッドで補強してみた、かなり丈夫になった。
これから穴あけ、仕上げ作業、しかしカーボンが出てくると
真っ黒くなってしまう (-_-;)....


主翼プランク材を切り出す、コアよりも5〜10mm位大きめに切り出し
この時点でサンディングをしてしまう、今回は320番、400番、600番まで行なった。
裏面も320番で1回サンディングした、その後掃除機でよ〜く吸っておきます。
番付けをして間違えないように。
どうも材料の赤い部分(重そう)を多く使ってしまった、でもキレイだったからまあいいや
DLはきっと強度も必要だろう、と自分に言い聞かせる。


プランク材とネガティブシェルをテープで止めて接着の準備、
カーボンロッド、ロービング、グラステープをエポキシで接着したら
一気にプランクする、やっぱり仕事は段取り8分だ。
しかしここでもう一度補強部分を検討したくなった、
SH−20による接着も初めてなので、接着剤の使用量についても
再検討しよう、今日の作業はここまで。

02.10.12

主翼コアにスパー接着(木工ボンド)


尾翼製作、2mmバルサに1.5mmカーボンスパーを仕込むのは
僕には至難の業だ〜!!
ラップを敷いて、SH−20で接着
これからカンザシを製作、休み中に主翼プランクまでやるぞ〜!!

02.10.4
静岡HLG大会のオープンクラス優勝機、ドラゴンレディの製作です。


キット全容、なかなか部品点数は多い。


水平尾翼の部品を見てみる、補強用カーボンロッドは1.5mm
ヒンジ差込部分は1mmバルサ貼り合わせとなっている、
エレベーター後縁はバルサ縦目がすでに標準仕様。
左右のエレベーター連結用ベニヤ材も入っている。


主翼プランク材は、照明にすかして見てみると比重が分かる、
いい所を使おう。


主翼後縁材もやはり縦目が標準。


胴体ポッドと、テールブーム、テールブームは胴体内にかなり入るので
長くなっている、後部の垂直尾翼差込部分は切り込みが入っている。


小物パーツ、ヒンジ用フィルムも含まれている。


主翼発泡コア、左右はネガティブシェル、
スパーの入る切込みがすでに入っている。


翼端部分コア、やはりスパーが入り、左翼端部分には
カーボンスパーが入り、さらにカーボンロービング
カンザシ部分にはグラスで補強する。


DL製作の為購入したSH20、何と20kg入りだった。
希望者にはお分けします。

さぁ、これからがんばって製作します、わからない所はBBSで教えてもらお〜っと!!

戻る