第31回クラフトるうむカップ に参加

2008年12月13日〜14日


30回を一つの節目として、新たなスタートを切ったるうむカップ、
今回は40名近い参加者を迎えて行われました。
第一回から一貫して、純粋に滞空を競うというその姿勢に、
多くの参加者が共感し、支持してきたことは異論の無い所でしょう。
これからも長く続くことを願っています。

今回は、静岡+山梨から6名で前日から参加、初参加の寺田のおっちゃん、
高橋元ちゃんは何を吸収し、時ちゃんは何を消化不良したのかは、さだかでない。
岩崎さんのランチが、突然10m上がったのは、ナゾだ!

今までリンク切れだったりしたので、この機会に整理しました。
過去のるうむカップは、ここから。

SFCメンバー中心の紹介です、あしからず。


寺田のおっちゃん、初参加でも操縦の腕はSFC飛行場とまったく変わらない、
低空での粘り、サーマルに対して的確な操縦を見せました。
前日の練習の様子です。


大会前日から、たくさんの方々で盛り上がっています。


岩崎さんも、皆さんのフライトがとても参考になったようです。


さあ大会当日、天気が心配されましたが、早めに雨は行ってしまって、
晴れ間が出ていました、でも寒い。


静岡のスーパーランチャー小川さん。


左から、時田さん、高橋さん、岩崎さん、寺田さん、
朝日が、後光のように降り注いでいます、みんなに栄光あれ。


さあ、岩崎さん出番です。
少し緊張しているようですが、緊張感が力を発揮するタイプのようで、
1ラウンドめ好成績を残しました。


こんな感じで、皆さん見守ります。
飛んでる機体は、大園さんのプレデター?かな。


さあ、高橋さんは小川さんにランチを依頼、強風に合わせてブラスターをチョイス。


真剣な操縦です。


ハンドキャッチを決めました。


天候は曇ってきました、ここから見てもハイアスペクトがわかります。
今年の傾向と、対策かな。


寺田のおっちゃん、がんばってます、
獲得高度は少し低いが、自分の高度で勝負に行きます。


2人掛けのラブチェアー、朝妻さん、上代さん、寺西さんのお姿も。
とっても楽しい寺西さんのブログはここです。


時田さんと、寺西さん。


ウエノさん、堀内さんのお姿も。


岡本さんと、上代さん。(見つめあっているのはなぜ?)


左から、クイックの五百部さん、岡本さん、上代さん、長万部航空機の山田さん。


大会は続きます、中道さん(息子さん)、操縦指導をする堀内さん。


中道(息子)さん、モンスターランチャーです。



ランチ高度、丁寧な操縦、サーマルの読み。
どれをとっても参考になるものばかり、by寺田のおっちゃん。


ウエノさんのDL−A5U、尾翼廻りリンケージ。
糸リンケージだけど、カチカチ。
エレベーターは2分割、カーボンでU型に接続、ホーンを兼ねている。
尾翼パイロンを使用しない訳は?との質問に、ずばり「何も無いです。」との返答。


胴体ポッド内補強、テールパイプと胴体との間は、縦目バルサを放射状に接着してるとの事。


サーボはTS-1002 4個、でも満足していないらしい。


前縁の仕上げ、テールパイプの仕上げ、などなど。
近くで見ないとわからない違いたくさんあり。


岡本さんから、いろいろ説明を受けました。



決勝進出者。


小川さんのジャッジを任されました。(光栄)


決勝に残れない仲間で、マサミさんに入っていただき記念写真。


僕も撮っていただきました。(嬉しい)


西川コーチ、大会運営お疲れ様でした。
ありがとうございました。


上位3人、さすがです。