市川HLG大会
2003. 5.18


市川町長より開会の挨拶、今回は市川町営グラウンドでの開催となりました。
このような公共の場所で開催できることは素晴らしいことです、
ご理解をいただける松下町長に感謝と、岡本さんの今までの努力の結果だと思います。
この後の岡本さんの挨拶の中で、一般の方には親切に対応してほしい、といった言葉に
ハンドランチグライダーに対する思いを感じました。
町長の隣でマイクを持つのは今回運営をしてくれた、豊臣軍団林会長、
とても素晴らしい運営で、とっても楽しかったです、ありがとうございました。


さっそく皆で記念写真。


やっぱりいつものように仲間内ばっかりの紹介ですみません。
今回の大会でスーパーランチャーの称号を不動のものにした小川さん(左)と、
関西へ行っても口では負けない石上番長(右)。


通常機のランチ、小川さんのランチで常に最高の高さから競技が開始となる
後はいつものようにおか〜ちゃんのお尻を撫でる戦法の番長。


こちらはオープンクラス、ランチ前の緊張の瞬間、
中村さんが撮ってくれた僕。


天まで届け!!と願いながらランチ。
DL−Xはそんな願いに答えてくれる機体だ。


オープンクラスランチ直後、皆さん高いです。
毎回レベルが上がっていきますね!!


近所の子供たちの持ってきたスチロール製の飛行機を調整する石上番長、
顔は怖いけど、けっこうやさしい。


小川さんのランチの瞬間、機体にかかるストレスは相当なものです、
フラッターを止めればもっと高く上がりそうです。


あちゃ〜、またやってしまったピンぼけ写真、中村さんゴメン。


皆さん注目の機体、ウエノさんのドラゴンレディヴェローチェ。




機体を手にするウエノさん、本田さん製作の主翼も素晴らしい、
皆から、反則だ〜!、ずるいぞ〜!卑怯だ〜!、、(オイオイ誰もそこまでは言ってない。)
と言われてました、全備重量200g切ってるらしい、マジですごい機体です。


岡本さんとランチする小川さん。


通常機でもほぼ同じ高度、岡本さんSprint、
小川さんのランチをしたのは番長のEVO2(製作は僕)


町営グラウンド、駐車場完備、左手にはトイレもあります、
女性の方も安心ですね。


ハンドキャッチをしている、ということは加点無しで飛びきった証拠。
この日は何度か、EVO2の本領発揮で低空での粘り勝ち、加点をしのいだ中村さん、
丁寧な操縦が光りました、機体もよく浮いていました。


通常機の競技中。
石上番長の操縦を見て、岡本さん、、「石上さん丁寧やね〜、、、」 とぽつりと言った。
きっとその後にこう言いたかったんだ、、「口は悪いけど、、、」、、多分。
そうしたら僕はすかさず、、「性格もね、、、」。


スーパーランチャーしばしの休息。


競技の緊張から開放される瞬間がたまらない、
普段の生活ではなかなか味わえない感触です。
お疲れモードの西川コーチ(左)、仕事から駆けつけ急遽参加。


豊臣軍団の機体ピット。


なにわの両さんこと、大島さんのピット。


F3J日本チャンプ、大能さんのピット。


オープンクラス、優勝決定フライオフ
左が岡本さん、右はウエノさん。


ランチ高さはほぼ互角に見えました、ウエノさんが100%ランチかどうかは不明。
2本先取りで勝負が決まります、今回は岡本さんの勝利、
多くの人に見てもらいたい、そんな素晴らしい勝負でした。


こちらは通常クラス、優勝決定フライオフ、
大島さんと、鈴木さんのるうむカップ史上に残る名勝負でしたね、
低空から何度も入れ替わり、最後までどちらが勝つかわからない、
そんな戦いを制したのは鈴木さんでした。


勝負の行方を見守る皆さん。


通常クラス、優勝鈴木さん(中央)、準優勝大島さん(左)、3位小川さん(右)


オープンクラス、優勝岡本さん(中央)、準優勝上野さん(左)、3位吉田さん(右)

今大会は場所を移して初めての大会、条件が変わってもやっぱり強い方は強い、
そんな印象でした、また次回に向けて練習しよっと。

戻る