市川HLG大会
2003. 3.23


大会開始前、岡本さんから小川さん一丁勝負しまっか!!
といった訳で始まったランチングコンペティション。
岡本さんは、ハイライトSAL、小川さんはEVO2ベースのオリジナルSAL。


どちらも高い、ほぼ互角と言っていいでしょう。


いよいよ開会式の始まり、
競技委員長のヨシダさんより、競技内容、注意事項などの説明がありました。


参加者の皆さん、今回三重県から3名の方の参加がありました。


ラジコン界の重鎮、長谷川克さんご夫婦をエスコートする、石上番長。


みんなで集合写真。


こちらはオープンクラス競技の様子。


こちらは通常クラスのランチ。


現場にパソコンと、プリンターを持ち込んで即時集計。
集計しているのは、西川コーチ、競技進行しているのは香西さん。


結果はすぐに掲示される、もう〜、こんなとこ貼ってからに〜!!(岡本さんの声)


淀川滑空班のピット
いつみても素晴らしい機体ばかりです、ましてフライトテクニックもすごい。


クラフトるうむワークス、ヨシダさんのピット、
変わらずランチは高い。


フリーフライトタイムの長谷川さんのオールドタイマーのフライト、
サーマルに乗せ、ゆったり楽しんでおられました。


長谷川克さんのオールドタイマーのフライト。


今度は岡本さんと小川さんのハイライトSAL対決!!
こちらはどうやら岡本さんに分があるようだ。


今度は小川さんのハイライトを大園和也さんが投げて対決、
小川さんには至福のひとときだった事だろう。


残念ながらオープン決勝に進めず、うなだれる小川さん、
カメラの遠近を切り替えてしまいピンぼけ、落ち込んでる小川さんに
追い打ちをかけるような写真を載せてゴメン。


オープンクラス決勝進出者。


オープン決勝、いつものスタイルで丁寧な操縦の石上番長、
もうすっかり番長が定着した、しかし本番に強い番長殿!!
やはり常に平常心を保っているのか、練習では見せたことの無いような
粘りのフライト、何でだろう〜、なんでだろ♪♪


決勝フライオフ、岡本さんと大園和也さんの対決、
岡本さんはハイライトSAL、大園さんはオリジナルSAL機。


アーベントサーマルの中、両者とも非常に丁寧な操縦だった、
見ごたえのある勝負が続きます。


今回は大園さんの勝利、素晴らしいフライトでした。


オープン、通常クラス共優勝で長谷川克氏より祝福の握手を受ける。


大会終了後に長谷川氏より講評を頂く、
「3つのサーマル」の話は大変興味深く、サーマルソアリングの奥深さ
を感じるものだった。


今回三重県から初参加の皆さん、
カルチャーショックを受けたようだった、しかし次回は
きっとパワーアップしてくることだろう。

帰りの車中での番長殿の一言

俺が 奥川さんほど 練習すれば 又違うだろうけどなー
練習しないもんなー 
無理も無いなー

帰りのサービスエリアでの食事中の会話

僕、、あっちゃ〜、このそばのつゆ薄いな〜、もっと濃いほうがいいな〜、
やっぱりそばは関東風だなあ、
しかしハンドランチは関西風かなあ??
番長、、そりゃああんたしだいだよ (笑)

戻る