2002.9.22 第一回静岡HLG大会 開催



静岡でハンドランチグライダーの大会を!!との呼びかけに全国各地から
40名という多くのハンドランチフリークが集まりました。
あいにくの曇り空となりましたが、皆さん素晴らしいテクニックを発揮して
現在のハンドランチグライダー最高レベルの大会となりました。

挨拶をしているのは、当クラブ市川会長。

参加していた機体


オープンクラス参加の機体、FW(ファイヤーワークス)


こちらは通常ランチのEVO2


実験工房Sekiaiさんの自作機、Atlantis-V


大阪から参加の大園さんの自作機


同じくバルサリブ組み、小型軽量の機体


こちらは、クラフトるうむDL(ドラゴンレディ)


木村クラフト製、アンコールとSSW−Tintin


冨田さんの持ち込んだスロープ機、冨田さんなら投げちゃうかもね!!


これって何??

いよいよ競技開始


まずは通常ランチクラスから競技開始、
あいにくの曇り空、北からの弱風の中で各自、懸命に浮く所をさがしています。


少しでも浮いている機体を見つけると他の機体も寄って来ます、
この競技においては、他の機体の動きに注意する事がとても重要です。


まさにスカイスポーツといった感じ


村松さんの自作機と、時田さんのロッキーのバトル!!
山梨対決の行方は??


バルサリブ組みの機体(ロッキー)も健闘していました、
時田さんは、ハンドランチは初めてまだ2ヶ月とのこと、
初めての大会参加をとても楽しんでいたようです。


皆さん真剣にフライトしています。
各競技者にジャッジが付いて着地を旗を上げて知らせます、
それを本部の競技責任者が記録します、加点する人数まで着地したら
競技終了となります、その後場外に着地したら加点されるので注意が必要です。
ジャッジも同じく競技者が行いますが、上手な人に付いたらラッキー!!
おそらく1人で飛ばす何百回分に匹敵する何かを得るでしょう。

この競技は、最初は少し戸惑うかもしれませんが、参加してみれば
とても単純明快で、楽しい競技です、多くの皆さんの参加をお待ちしています。


こちらはオ−プンクラスのランチの様子、
始めてみる方には信じられない高度に到達します。


こちらもオープンクラスランチの様子、
機体にはかなりストレスがかかりますから相当の強度が必要です、
軽量化との兼ね合いがポイントとなります。


静岡のバレリーナ、中村さんです。


ドラゴンレディのランチ、むこうで竹上さんが見守っています
でもいまいち上がっていないみたいですね〜、昨夜の酒がまだ効いているのかも??


HLGの草分け、冨田さん
このような方々の今までの努力のおかげで、僕たちが今HLGを
スポーツとして楽しむことができる、これからも第一線でがんばって下さい。


クラフトるうむの岡本さん。
調子がいいとだんだん首が傾くそうです、今日は大分いいみたいです。


大園お父さん、機首の無い機体をSALで高く上げていた。
難点なのはハンドキャッチしにくいことくらい。


こちらも豪快なSAL


通常機でも豪快なランチでは負けていない!!


なかなか渋い、中村さん


通常ランチもあいかわらず高い(驚)、ヨシダさん。

その2へ